Vol.1   キーワードは「All for All」

民進党第一区総支部 春の集い 2017.3.19(日)ボルファート富山にて ゲスト:前原誠司 衆議院議員

民進党第一区総支部 春の集い 2017.3.19(日)ボルファート富山にて ゲスト:前原誠司 衆議院議員

ジャイアンが好き勝手している世の中。それが、格差社会。

ジャイアンが好き勝手している世の中。それが、格差社会。

前原誠司衆議院議員が提唱されたキーワードは、「All for All」。
「すべての負担をすべてで分かち合いましょう」という考え方です。
今、私たちの毎日は、所得格差や世代間格差、地域間格差など、格差社会のまっただ中にあります。
力の強い人が、より強くなり、力を持たない人はじっとガマンを強いられる。
まるで、ジャイアンとのび太の関係のようです。

イメージ

マンガの世界なら、ドラえもんが助けてくれるのですが、私たちはドラえもんにはなれません。
しかし、のび太と一緒になって物事を考えることができます。
ジャイアンが好き勝手できるような世の中では決して良くありません!

「All for All」は、この格差問題を食い止める方策であり、お互いがお互いを理解し、尊重し、助け合える世の中に向けた力強いメッセージです。

「すべての人が負担をし、すべての人が受益者となる事で、もう少し皆で社会を分かち合えるようにしたい」
前原先生の力強いメッセージに、一つの答えを見ました。
道は険しく、幾つにも分かれています。しかし目指す社会は一つのはずです。人々にやさしい政策の実現、格差に苦しまない社会の実現に向けて、私、今井もとしも全力を尽くしたいと思っています!

前原先生の講演写真

お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの…な!

これは、俺様主義でおなじみ、ジャイアンの名言です。
マンガでは愛すべきキャラクターのジャイアンですが、この言葉は現代社会を象徴しているように思えてなりません。

一番いけないのは自分なんかダメだと思いこむことだよ。

これは、のび太が、ドラえもんに言った言葉。
格差社会はさまざまな弊害をもたらしています。ため息をつき、うつむいてしまう人が増えています。
夢をあきらめず、前向きに生きていける未来をつくりましょう。

前原先生と記念撮影の写真
前原先生と記念撮影

今井もとしプロフィール

ページトップ

ページトップ